メンタルヘルスにかかわる仕事の苦労

IT業界におけるプログラマーやエンジニアの仕事はもの作りの最先端をいくもので、やりがいという点において不足はないだろう。さらに、スマートフォンのアプリ開発などになればちょっとしたアイディアで大ヒットも狙え、面白みにも満ちている。しかしその一方で、デスマーチという言葉が有名になったことからも分かる通り、時に過酷な職場環境の中に放りこまれて自分を見失ってしまうことがある。そしてその中で、この仕事を続けてもよいのだろうかという疑念に苛まれるのだ。

そうした時におすすめしたいのが、休日を利用して自分のキャリアプランニングを描き直してみることである。まずは、仕事において自分のやりたいことをできるだけ多く書き出していく。次に、自分が仕事を通じて達成したい価値についても書きだしていく。出世であったり、お金であったり、社会奉仕であったりといった類のものである。そして最後に、自分の持っているスキルをすべて書きだしていくのだ。

この三者を色々組み合わせてみて重なる部分があれば、それが描くべきキャリアプランニングのベースとなるものである。それを元に、自分にふさわしい職業人生の具体的な設計図を考えていくのだ。それと現状を照らし合わせれば進むべき正しい道筋も見えてくるだろう。もし、現在の仕事の中でそれが見えてこないのであれば、描いたキャラリアプランニングにふさわしい道を探すべく、転職なども視野に入れていく必要がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ストレスを溜め込めないで!ケアと転職でストレスからの開放を!