IT業界で働く魅力とデメリット

IT業界の仕事は様々な魅力がある。例えば、現代社会に必要不可欠なシステムを作ることによって社会に貢献できることや、最先端システムを作るもの作りの楽しさなどが挙げられるだろう。さらに、仕事を通じて高度な技術を身につけられるのも魅力のひとつだと言えるかもしれない。その反面、デメリットと言えるものも少なくない。残業が多い、大型プロジェクトが難航したりすると終わりが見えない作業が延々と続く、現場が分からないクライアントが無茶な要求を突き付けてくる、日進月歩の技術の進歩についていくのが厳しいなどである。多くの企業において、その職場環境は過酷というレベルに達しており、実際に離職率の高い職業である。仕事自体はやりがいがあるのにそれを感じることなく心が折れていく人が多いのだ。
そんなメンタル的に窮地に陥った状態では仕事もままならない。何事も体が資本であるため、どうしても精神的不調に陥った時はメンタルヘルス対策に講じることが先決である。メンタルヘルスに関する情報はこちらから。

ただ、メンタルヘルス対策と同時に考えておく必要があるのが、初心に帰ってキャリアプランニングを描いてみるということだ。就職活動をしていた時を思い出して、自分が今まで夢中になったこと、何のために働きたいのか、将来の目標は何か、自分の今持っているスキルは何なのかなどを書きあげていくのだ。そして、現状と比較した上で、現実と理想の何がずれていて、矯正するにはどうしたらよいかを考えれば自分がするべきことも見えてくるだろう。その結果が転職であればそれも仕方がないし、逆に、今の職場でできることが見えてきたのであれば、それに向かってチャレンジすればよいだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ストレスを溜め込めないで!ケアと転職でストレスからの開放を!