ストレスの多い日本の企業と心のケアの資格

メンタルヘルスマネージメントは精神医学に基づいた資格だが、精神科医や臨床心理士といった高度な知識を要する専門家を対象にしたものではない。いうなれば一般の社会人が心の健康を保つための心構えのようなものだ。そのため、この資格自体が就職に必要となる局面はまずないだろう。しかし、現代の日本の企業はその多くがストレスの生じやすい環境にある。実際、仕事が原因でうつ病などの精神疾患を患うことも少なくない。そんな中で、心のケアの知識を持って、仕事における様々な弊害を未然に防ぐことの意味合いは決して小さくないのである。

そのメンタルヘルスマネージメント資格は3種類あり、1種は、企業を運営する立場からメンタルヘルスに関する計画を立て、社員教育や研修などを実行するための資格だ。それに対して2種は、上司の立場から部下の心の不調を見抜き、指導ができることを認定するもので、3種は、自分自身の心のケアを目的としている。これらの資格はもっと浸透し、多くの職場で活用されるべきものだ。それによって、そこで働く人の心が晴れやかになれば、企業全体の士気が高まり、業績アップにもつながるのである。

特に、ストレスが多いと言われるIT産業や建設業などでは早急な普及とその有効活用が期待される。いずれも、人手不足に悩まされている産業だけにそうした試みを通してイメージアップを図り、人材が集まりやすい下地を作っていく必要があるのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ストレスを溜め込めないで!ケアと転職でストレスからの開放を!